2017年6月26日月曜日

相模原も撃破!!

1日遅れの更新です

日曜日はJ3リーグ第14節 ホームに相模原SCを迎えた

対戦相手を前の週にDAZNでチェックするのが近頃のやまみん

相模原SCには元日本代表の川口能活選手がいるし、

前線には高さのあるジョン・ガブリエル(193センチ)がいる

有薗は大丈夫だろうか?はじき飛ばされたりしないよな・・

さらに、サイドからは保﨑、辻尾といったテクニックのある選手が揃っている

深井やホガンが押さえきれるかな?

不安ばかりがよぎる 容易な相手ではない
(すべての対戦相手が容易でないのはわかっているけど・・・)

さて、試合開始時刻が14:00と言うことで

畑仕事をしていたら危うく遅れそうになり

ママにハッパをかけられて9:30過ぎに家を出る

相変わらずバッタバタのやまみん、反省してます

スタジアム到着は11時少し前

ママと2人でビッグTを掲出する

結構風があってビッグTの裾が捲れあがって慌てたよ

あわわわ おぶおぶ


12:10頃のバス迎えは盛大に




好調なBB秋田だが、これまでの戦いはほんのちょっとの差で勝ち取ってきたホームの無敗記録でもある

みんな、そのほんのちょっとを勝ち取るため

少しでも選手達の力になりたいとバス迎えに集まって来てくれた

力強く選手達を迎えると一仕事終えた気がするのは やまみんだけ??

さて、この試合のマッチスポンサーは「トラフィックレンタリース秋田」様

選手が移動で使わせてもらっている「BB秋田バス」の公開や


開場入り口では「応援ハリセン」のプレゼント

試合中もメインスタンドやバックスタンドのお客様がこれで手拍子をなさっていました

試合後西が丘で配布したくて20枚ほど頂戴いたしました、ありがとうございます


さらに、抽選会の実施など 盛りだくさんのイベント


抽選会ではやまみんも缶バッジとジュースをいただきました

トラフィックレンタリース様 ありがとうございます

さて、試合開始は14:02頃

ゴル裏もゲーフラやフラッグを掲げて応援開始

秋田魂ゲーフラも掲げる←ご協力ありがとうございました


スターティングメンバーはこんな感じに見えた

       小澤

ホガン   有薗    深井

 山田        藤山

古田           青島

 久富        前山

       田中

青島が前節の樹に代わってスタメン

控えは 松本、千田、下田、日高、樹、比嘉、遊馬

諒人が久しぶりにメンバー入り

強い向かい風の中 秋田ボールでキックオフ

相模原の寄せが速い、中盤の選手へ2人がかりでボールを奪いに来る

さらに横パスを狙われる

秋田は思うような攻撃のチャンスを掴めない

それでも、8分にカウンターから左CKを獲得

前山が右足で蹴ったボールがゴール前へ

田中が体で押し込みネットを揺らす

しかし、藤山選手がGK川口の動きを邪魔したとしてゴールは認められない

このシーン、遠くてよくわからなかったが ファールだった?

相模原はFWのガブリエルをターゲットに放り込んでくる

高さのない秋田にとって これはきつい

ホガンや深井、有薗が懸命にケアする

23分 DFの裏をとられる 走り込んだ右サイドバックの辻尾が右の深い位置からクロスを送る

これに、ガブリエルがダイレクトで右足ボレー 

わずかに枠の上に逸れる 危ない場面だった

38分 山田のロングスロー DFのクリアボールを古田が鋭いミドルシュートを打つも枠の上へ

前半はとも無得点 何はともあれ、失点しなかったのは良かった

後半は追い風のポジションとなる

メンバー交代なく 再開

手前の黄色は主審の宇田さん


相模原もメンバー交代なし 能活が近くで見られた



やまみんはジュビロのゲームで能活に助けられた思いがあるので、相手となるのは微妙な感じ・・・

でも、この勝負 負ける訳にはいきません

後半の序盤は相模原が攻める

52分 ゴール前正面やや左 25mほどでFKを与える

キッカーは辻尾 右足で蹴ったボールは鋭い軌跡で正面へ飛ぶ

やられたと思ったが、バーを叩いて上に逸れる

この場面が最大のピンチだった 

(偉いぞ!!バーくん!さすがホームの力) 

59分 青島out樹in

樹が積極的に前へ向かうと秋田も攻撃のリズムをつかみ出す

74分 古田がDFの裏へロングボールを蹴る

抜け出した田中がエリア内へ持ち込み マイナスのクロス

そこへ走り込んだDFがスライディングすると腕に当たり ホイッスルが吹かれた

PK獲得!! キッカーはPKゲットの田中

あの能活を相手にゴールのチャンス

田中がゴールマウスの左隅へ蹴る 能活も反応良く横跳びするも

ゴール左に決まる



ゴル裏は 大騒ぎ 輪が2つもできていました


終盤はコーナーなどで上手く時間を使い 

相模原の猛攻を凌いで勝利する

勝利の県民歌の斉唱にも慣れてきましたね


秋田の開幕からの無敗記録も14節まで継続

ここまでの戦いを振り返ってみても

どうして負けなかったかが不思議な感じがしなくもない

秋田の選手の頑張りはもちろんなのだが、その他にも

相手がここぞの宇宙開発並の打ち上げとか・・ 

バーやポストの頑張りとか・・ 

ジャッジだったりとか・・

いろんなファクターを感じなくもない

でも 首位とはこういうものなんでしょう!!

2ヵ月首位をキープしたからと言って、まだ何も成し遂げていない私達のブラウブリッツ秋田です

さらに、強力なサポートをしていきましょう!!

貴方の、貴女の力が必要なのです

ブラウブリッツ秋田に更に勇気を吹き込んみましょう!!

次の第15節は、FC東京U23と西が丘で今週末の7月1日(土)17:00キックオフ

今節は沼津に1:6と大敗しているが、タレント豊富な選手達揃いだ

気を抜くこと無く、しっかりと戦って欲しいと願う

何より、西が丘では勝ったことが無いはず

2011年12月3日 震災による代替え日程 前期第2節 横河武蔵野FC相手に3:3

このときは1:3となってから 90分に松田正俊、90分+2分に畑田眞希のゴールで

終了間際に追いついた思い出のスタジアムだ

西が丘での初勝利を見届けるため やまみんも参戦予定です

なお、西が丘初参戦のママも新幹線で駆けつける予定です

頑張れ!! ブラウブリッツ秋田!!



2017年6月11日日曜日

土壇場で追いついた富山戦

今日はJ3リーグ第12節 カターレ富山をホームAスタに迎えた

試合開始時刻が15時とあって、いつもより遅めに出発

天候は雨がぱらつき、肌寒い

12時少し前にスタジアム到着

サポ仲間の手伝いをもらって、ビッグTを掲出する

いつもありがとうございます


富山サポもちらほらと姿が見える

バス迎え時、先に到着した富山の選手達に富山サポが声援を送っています

煽られたアウェイでのバス迎えを思い出すなぁ・・・


秋田のバスはその後に到着する

秋田サポも大声援を送る


この盛り上がりがうれしい←いいぞいいぞ、もっとやれ!!

今日は「ねんりんピック秋田2017」の告知が行われるとあって

「んだっチ」やにかほ市の「ほっぺん」などの姿もあった



バス迎えを終えて腹ごしらえ

限定20食の「ダチョウ肉鍋」400円


ダチョウ肉鍋はサポに好評でしたね (一部苦手な人もいた模様ではあります(汗))


「ダチョウ肉鍋」と「ダチョウ肉のフランク」380円を食べる


歳のせいかちょっと、ダチョウ肉が重かったので、デザートにバラ盛りのババヘラアイスを購入しました

さっぱりとして美味しかったですね


さて、試合開始近くになると天候も回復してきた



スタメンはこんな感じに見えた

        小澤

ホガン    有薗     深井

   山田       藤山

古田              樹

   久富       前山

        田中


富山ボールでキックオフ

開始直後から、富山の選手達の気合いの入り方が違う

秋田の選手達の一歩よりも前に足を出す感じ

ボール際には厳しく、奪ったら直ぐに縦に入れる・・・

速いそして、堅い

脅威に感じたのは7番北井、9番苔口など・・


秋田は守備に追われ 5バック気味で、なかなか前線にボールを送れない

失点は38分 左サイドからのクロスがゴール前へ 

右サイドから走り込んだ13番に決められる

前半はこのまま終了

後半はメンバー交代なく 再開


後半もなかなかリズムを作れない

71分 富山の攻撃 左からのクロスにファーでヘディングシュート

これは、バーに救われる ホームのゴールマウスも一仕事してくれた

73分 樹out青島in

84分 久富out遊馬in

交代で入った青島や遊馬が前線で動き回るとようやく秋田の攻撃が形になる

88分 遊馬がエリア前で倒されてFKのチャンス

前山が中央エリア際からのボールを蹴るも落ちきらず ラインを割る

そして、残り時間も少なくなり サポの中にもあきらめの気持ちが出てきたか?

もっと、声を出してぇ とサポの中から檄が飛ぶ

そうだ、まだまだ諦めないよ!!

90分+1分 富山のカウンターのボールを古田が体を張って奪い

すぐさま、前線へロングボールを蹴る←素晴らしい

田中がDFと競り合いながら右へ抜け出し 中央へ柔らかい優しいパス←素晴らしい

これに併走していた遊馬がチョンと合わせて 同点ゴールが生まれる←素晴らしい

ゴル裏のサポも よろこび爆発 (^_^)

メインも総立ち!!




同点に追いつき さらに逆転を狙う秋田

その背中を押すスタンドの雰囲気とサポの声援

最後はカウンターの応酬のようになるが ともに決めきれず

1:1で終了・・・

ホイッスルと同時にセンターサークルに倒れ込んだ苔口の姿を見ても

この一戦にかけた富山の選手達の気迫が伝わる

引き分けで富山との差は勝ち点5を維持した

秋田にとっては負けになったかも知れない試合で勝ち点1を拾ったような試合だ

この勝ち点1が今シーズンの順位を決める大きな1点になるかも知れない

遊馬は今シーズン初得点 

昨年の富山戦以来なので、約1年1ヶ月ぶりの得点となった

これをきっかけにチームの救世主となってくれと期待する

ゲーム終了後

本日のゲームのプレゼンスをしてくれた明治安田生命秋田支社の支社長の江崎さんがゴル裏に見えられ

サポ達に向けてホームゲームの最終節11月19日には優勝すると宣言

力強い言葉にサポ達から拍手が沸き上がる

明治安田生命秋田支社には、スタジアム整備の署名活動でもずっとお世話になっています

入場者数平均3千人を確保しなければならならいと熱く語られるその姿に感動!!

我々一般サポも一人でも二人でも友達、知り合い、家族をスタジアムに呼びましょう!!

去りゆく支社長の背中に江崎コールが沸き起こりました

「江崎!江崎!」

来週はアウェイ沼津市の愛鷹でアスルクラロ沼津との戦い

沼津は今日の試合で勝利し、勝ち点4差の2位に順位を上げてきた

第11節 2位栃木との試合 1:0で勝利

第12節 2位富山との試合 1:1で引き分け

第13節 2位沼津との試合 ?

3節続けて2位との対戦とは 魔境のようなJ3リーグですね

でも、そのしびれるシチュエーションを楽しめるのは秋田サポの特権です

やまみん一家は、地域の大切な行事があって参戦できません

何とぞ、多少無理しても参戦できる方は現地で応援して下さい

よろしくお願いします


おまけ

今日、ゴル裏のサポ仲間より新潟アルビレックス所属の成岡翔選手のクリアファイル(しかもサイン入り)をいただきました ↓ こちら


磐田時代の19番と10番のユニを着用して、さらにゲーフラを掲げて応援していたやまみんにとっては何よりの宝物です

ありがとうございました  また、成岡選手の活躍を祈念します












2017年6月5日月曜日

栃木を叩いて首位キープ

今週はJ3リーグ第11節 

栃木グリーンスタジアムで栃木SCとの一戦

土曜日の午後に大曲ICから仲間と一緒に出発する

サポ仲間では弾丸での参戦という人もいるけど

やまみんは 年が年なだけに弾丸は回避して

郡山市の温泉付きホテルで一泊というちょっと贅沢な行程で参戦しました

スタジアム到着は日曜の10時30分頃

野木町民デーとあって、熱気球が空に浮かんでいました

素敵な風景 こんなイベントもあるんですね


いつものごとく、ビジターゴル裏のチケットを購入する 当日券が1,700円とリーズナブルですね


栃木には2012年のJFL時代に監督を務めた横山雄次さんがいる

さらに左には33番の二戸将選手もいますね

松田正俊コーチのボードが無いのが残念・・・


ダンマク設置は入場後とあって、大急ぎで設置する


選手バス到着時にゲーフラなどを掲げて迎える



秋田から駆けつけたサポの人数は思ったよりも多く、50人以上だった

そのほか、関東や全国からの応援もあり100人以上で応援する


秋田出発時は肌寒い気温だったが さすがに関東の栃木は日差しもきつく暑い





さて、試合開始は13:03

秋田のスタメンはこんな感じに見えた

前節で、怪我で途中退場となった小澤が元気な姿を見せる

        小澤

ホガン    有薗    深井

 藤山         山田

青島            樹

 久富         前山

        田中


コイントスで秋田はサイドを選択?

前半は秋田ゴル裏側のゴールを目指す形だ

栃木は前線に西谷、上形、宮崎と破壊力のある3トップをそろえる

昨年の栃木での対戦では終了間際に失点して、0:1で敗れている

栃木ボールでキックオフ

栃木が序盤から攻勢をかける

秋田は防戦に追われ、なかなかハーフラインを越えて前に運べない状態

24分 栃木に左40m付近でFKを与えた場面 

ファーに上がったクロスボールに広瀬がヘディングシュート

このボールはポストに当たり跳ね返る

危ない場面だった
(スタジアムでの観戦では小澤がクリアしたものと思っていましたが、あとでDAZNをみるとポストが良い仕事しましたね (^_^))

このピンチを凌ぐと秋田も攻撃を組み立てることができるようになる

38分、DFに囲まれながら前山がシュートするも左に逸れる

前半は秋田のシュート2本 対する栃木は5本

両チームともにハーフタイムでの交代なく再開

後半の入りは栃木

まず、47分にGKからのロングボールが前線の宮崎に繋がり 1:1のピンチ

このシーンは宮崎が打ち上げてくれて ホッとする

61分 青島out古田in

秋田がじっくりと後ろからボールを回して攻め上がる展開に

そして、残り時間が少なくなり 引き分けでも良いかと思い始めた82分 

右の古田から中央へのクロス

田中とDFが競って DFがクリアしたボールに山田樹が飛び出して

ゴール右へ流し込む


待望の得点に沸く 秋田ゴル裏


得点後はコーナーで時間を稼ぐ

アディショナルタイムは3分

サポ達も懸命に「WE ARE AKITA」で応援する


最後は小澤がシュートをパンチングでクリアしてホイッスルが吹かれる

待望の栃木グリスタでの初勝利だ


勝利の「秋田県民歌」の斉唱


これで、10試合負けなし しかも5試合連続無失点

次はホームで2位に順位を上げたカターレ富山との戦い

2位を叩いたら、再び2位との対戦という不思議な組み合わせ

しかし、これも首位という順位だから味わえるものだ

頑張れ ブラウブリッツ秋田!!

選手達はこんな素晴らしい戦いをしているけど

観客数はなかなか伸びないね

みんなで周りに声をかけて1人でも多くの県民をブラウブリッツのゲームに誘おうよ








2017年5月28日日曜日

鹿児島戦初勝利で首位キープ

今日はJ3リーグ第10節 鹿児島ユナイテッドを八橋陸に迎えた


対戦相手の鹿児島は昨年の6月、第12節にホームで対戦し、1:3と敗れている

そのときは11戦負けなしの記録を止められた 苦い記憶が蘇る・・・

どうしても、鹿児島には勝ちたいとサポ達の思いは特別だ

 いつものように8時過ぎに家を出る

スタジアム到着は10時

大急ぎで、ビッグユニをゴル裏に張り出す


ピッチ内では少年サッカーの開会式が行われている


このシーンを見る度に、いつか、この中から代表選手が現れないかなと思う

選手バス入り時に、藤山選手のご家族ご一行様を見かけ

やまみん作の藤山ゲーフラを見てもらいました (^_^)

ピッチ内練習時、強い風でに「大いなる秋田」ダンマクがめくれて裏返しになる

これに松本選手が気づいて、ボールボーイに直してくれるように指示を出してくれた


松本選手の気遣いに感謝したい

また、次回からは錘のつけかたに注意して、このようなご迷惑をおかけしないように気をつけなくては…

試合開始は13時03分

スターティングメンバーはちょっと変更あり 樹が先発



鹿児島の選手では


昨シーズンのJ3リーグ得点王の9番藤本とドリブルの上手い10番のナ・ソンス

前線の2人に警戒したい

コイントスで秋田が勝って、サイドを選んだのだろうか

鹿児島ボールでキックオフ

秋田は前線の田中、前山、久富が連動してゴールを目指す形は変わらず

有薗、深井、ホガンのDF陣も球際に厳しく、辛抱強く戦う

危ないシーンは42分 相手にヘディングシュートを打たれるも

小澤がスーパーセーブで、得点を許さない

秋田の惜しいシュートは44分の右の古田からファーへのクロス

前山が飛び出して、シュートするも枠に飛ばせない

後半はメンバー交代なく再開

秋田は向かい風となり、押し込まれる時間帯も・・

決定的なチャンスは共に迎えることができないまま時間が過ぎていく

75分 鹿児島のロングボールが前線へ

小澤がエリア外まで出てヘディングでクリアしようとしたところに

藤本が飛び込んできて交錯

頭を打って 2人ともピッチに倒れ込む

このシーン、小澤への藤本のファールだと思ったがファールにはならなかったのはどうして?


これで、小澤と藤本がともに痛み ピッチの外へ

交代で松本が今シーズンのリーグ戦初出場でピッチ内に入る


松本は落ち着いたプレーで流れを渡さない

そして残り時間が少なくなってきた86分

右サイドでFKのチャンス

ゴール前に上がったボールに田中が抜け出そうとするもエリア際で倒され

FKを得る  キッカーは前山


キッカーは前山 距離が無いので難しいかなと思ったが、

相手GK一歩も動けず、ゴール左に決まる

素晴らしいキックだった

アディショナルタイムは6分と長かったが、鹿児島にチャンスを作らせず

きっちりと守って、勝利!!

鹿児島は藤本がいないと怖さが半減するね・・

勝利に喜ぶ秋田サポ


昨年の鹿児島サポの字幕ダンマクに対抗して作成したサポ仲間のダンマク

「無敗秋田が鹿児島に勝つ」 ようやく掲出することができましたね


勝利後の秋田オレオレ時

松本が負傷退場した小澤のユニを掲げる

選手みんなで勝ち取った勝利だ



さて、次は来週の日曜日、栃木グリーンスタジアムでの栃木戦

1位と2位の直接対決となる

昨年の栃木での試合は悔しい敗戦だった

1年越しの栃木での勝利をつかみ取って欲しい

やまみんもサポ仲間と一緒に参戦予定です

頑張れ!! ブラウブリッツ秋田!!