2017年10月15日日曜日

ゼロから1へ・・・相模原戦

今週はJ3リーグの第27節

相模原SCのホームギオンスへ

出発地が出張先からであったためスタジアム到着は8時少し過ぎ

駐車場でゆっくりと休んでから、9時過ぎに向かう

元日本代表の川口能活など選手のフラッグが出迎えてくれる




与那城さん時代からの顔見知りの相模原ボランティアさんに

声をかけていただいた

「今年もよろしくお願いします!」

また、ダンマク設置時に他のボランティアさんからは「大いなる秋田」のダンマクについて

「フレーズも素晴らしいし、字体も力強さがあって、Jリーグの横断幕では一番の出来」

とお褒めの言葉をいただきました ありがとうございます

秋田サポにとって「おおいなる秋田」横断幕は誇りです


やまみんの「秋田魂」はちゃっかりとゴールの真後ろ近くに張らせてもらいました

この日は秋田のブース(全農あきた?)もありました

ブース前でガミティがあきたこまちをPRしてくれました

ガミティ良い奴だ




入場の際、2,000名にあきたこまちのプレゼントがあったようですが

ビジター口では配布されず、残念・・・

やまみんはガミティにあきたこまちを応援してもらったので ガミ茶(てぃ)を購入

 
 
2本で300円ですので、お買い得ですね (1本はお留守番のママへお土産です)
 

選手バス迎えは11:35頃


20名以上で声援を送ります

試合開始は13:30 天候は雨、時折止むような弱い雨だが、肌寒い



雨の中にもかかわらず、秋田のゴル裏には50人以上の人が駆けつけてくれました


スタメンはこんな感じに見えた 時に日高がDFラインまで下がる感じ

      松本

下田    有薗   ホガン

   日高        山田

浦島            樹

   田中   前山

       堺

前節から4人が変更 堺がトップに入る

浦島の突破力に期待したい


前半はまったく相模原ペース

秋田は前線へボールを繋げず、チャンスも作れない

凌いで耐えて守備に専念していたが

13分 右CKを与えると、ニアで合わせる辻尾のヘディングで先制を許す


その後も、危ないシーンが続くが松本のファインセーブであったり

相手がフリーのシュートを打ち上げてくれたりして追加点を許さない

32分に堺out久富in

久富が前線で動き回るとようやくボールが動きだす

37分の前山のシュートは枠を捉えられず

なんとか、0:1で折り返す

後半はメンバーそのままで再開


後半開始直後、樹がエリア内でボールを奪い、GKと1対1になるが

右足シュートは川口のファインセーブに遭う

ループだったら、決まっていたかも知れない・・・

カウンターを浴びて危ないシーンを何度か作られるが

松本の素晴らしい片手クリアなど、追加点を許さない

63分 浦島out古田in

古田が入ると、ボールを持てるようになる

66分 古田が右サイドを突破して、

右足で深い位置から右足でマイナスのクロスをゴール前に送る

前山がダイレクトで合わせて、ゴラッソな同点ゴールが生まれる

待望の得点で、秋田ゴル裏も大いに沸く


87分 日高out藤山in

最後まで、攻めた秋田だったが、結局1:1で引き分け

選手、サポのもう1点獲りたいと言う気持ちは具象化せず

何が足りないのか・・・

やまみん的には松本の神がかり的なセーブがあっての引き分けだ

でも、貴重なアウェーでの勝ち点1

前節は勝ち点ゼロ

今節は勝ち点1

次節は勝ち点3を!!

挨拶に来た選手達に向かって、ずっと声援を送ります


相模原での対戦での勝ちなし(2分3敗)は継続
(2013年引き分け、2014年2敗、2015年負け、2016年引き分け)

来年こそはギオンスで勝利したい

スタジアムを去る際に、相模原ボランティアさんから来年の改修計画の話を伺った

なんでも、照明灯が設置されるとのこと

なでしこの1部、ノジマステラもホームスタジアムとして使用しているので

実現するという  

う、うらやましい

「ずっとも」だと思っていた相模原も鹿児島、琉球に続いてライセンス取得に動き出している

秋田もスタジアム整備をさらに急ぐ必要があると思うぞ

さて、次節はホームで北九州を迎える

今節終了時点で、首位の栃木とは勝ち点差は6に開いたが、2位の沼津とは勝ち点1差の3位

そろそろ勝利でみんなを元気にさせて欲しいものです

サポも選手にホームの力を感じて貰えるように頑張ろう

あともう少し、大きな声を出す・・

みんな仲良く、かたまり合って「マス」としての力を出せるようにする・・

小旗なんかを振って激励の心を伝える努力をする・・

しつこすぎないように友達を誘ってみる・・

ほんの少しのことだが、皆がやれば力になると思う

頑張ろう!! ブラウブリッツ秋田!!



      


2017年10月8日日曜日

もう一つのジュビロを見に行く

ジュビロ磐田のファンでもあるやまみん、今日はもう一つのジュビロを見にいった

朝の9時過ぎに家を出る

Aスタには11時少し前に到着

入場口近くでヤマハのブースがあり、ロゴを見ただけでテンションが上がる(笑)



あまりにも格好良かったので、さっそくレプリカジャージとタオマフを購入
(サッカーとラグビーのクラブがともにJUBILOと称するようになったのは2003年から)

さらに、チームカラーもジュビロ磐田と同じく、サックスブルーで統一されている

ママには「パパ、ミーハーね」とほめて貰いました

あと、

実は初めてのラグビー観戦だ

スタジアムでBB秋田のサポ仲間を数名発見

挨拶を交わす ほんと、あんた達も好きね・・

リハビリになるからと、だましだまし連れて行ったママに温かい言葉をかけていただきありがとう

ママは階段も登れたし、県庁近くまで歩けたので自信ついたみたい

中央自由のチケットで、メインスタンドの中央付近に座る

まずは、前座試合のトップイーストのノーザンブレッツ対クリーンファイターズの試合から観戦する

秋田ノーザンブレッツが87-19(前半35-12)で勝利



たくさんの観客の前での完勝は素晴らしい
 
これからも頑張れ!ノーザンブレッツ!
 
お目当てのトップリーグ NEC対ヤマハ発動機ジュビロの試合は13時過ぎに開始
 
なんでも、ラグビーのトップリーグが秋田で開催されるのは初めてだということ
 
国内トップレベルのスポーツが秋田で観戦できるのは素晴らしいことだ
 
たまたま、隣合ったお兄さんがラグビー通でいろんなことを教えてもらいました

まず、ママが一言 「選手がたくさんいるね~ ラグビーって何人なのかな?」
(オイオイ、そこからかよ・・(;´・ω・))

背番号とポジショニングが決まっていること

10mラインと22mラインとボールがサイドラインを割った時の違い 

トライ数の差で得る勝ち点の違いなど

イロイロ親切に教えていただく

解説者付きでホントに楽しく観戦 (お兄さん、本当にありがとうございました)

やまみんもブラウブリッツ初心者の方に優しくしようと心に誓う

 

同じフットボールとはいっても全くサッカーとは異なるスポーツ

激しい体のぶつかり合い
(当たった瞬間にゴンと音がする、人の体がぶつかっただけであんな音が出るかと驚かされた)

約80mの独走ランのトライが決まったり、わくわくしながら観戦

ジュビロには日本代表だった五郎丸選手が今シーズンから復帰

たくさんのゴールを決めていました

結果は35-15(前半14-3)でヤマハ発動機ジュビロが勝利!!

昨日の敗戦で気分が落ち込んでいましたが、良い気分転換になりました

ジュビロ磐田ファンのやまみんは大満足 (^_^)

選手の挨拶にタオマフで応えながら「また来てね~」と呼びかけてみる

今日の観戦には子供達もたくさん来ていました

試合後サインを貰ったり握手をしてもらったりあこがれのプロ選手と触れ合う時間もあった

このなかから、桜のジャージを着てくれる選手が出てくれると良いねぇ





2017年10月7日土曜日

逆転負けのFC東京U23戦

今日はJ3リーグの第26節 FC東京U23をホームに迎える

ママは仕事があり欠席なので、8時少し過ぎ1人で家を出る

スタジアム到着は9時30分前 雨がパラパラとずっと休みなく降っています

仲間への挨拶をすませ、手伝ってもらいビッグTを掲出する

ありがとうございました<m(__)m>

いつのまにか、スタジアムの前の通りのアメリカハナミズキが紅葉しています


バス迎え時、雨の中にもかかわらず大勢のサポが来てくれました

ゲーフラ隊を手伝って貰ってありがとうございました


バス迎え後、JA全農あきたのブースで「豆板醤キムチ鍋」←なんとこれで300円!! とおむすびを購入しました

ずぶ濡れの体を温めてくれました


全農あきたさんからは「あきたこまち」の新米パックが来場者にプレゼント




メインスタンドへの入場口では可愛いこまち娘が二人そろって出迎えしてくれたようですが

バックの入場口では職員の方のみでした 残念・・・超ざんねん

ピッチ内練習が始まる頃にようやく雨があがり、晴れ間も出るようになった

イイゾ!!


やまみんはゴル裏でいつものように応援開始


FC東京サポさんたちはゴル裏におおむね50名ほどが来ていましたね

連休だしもっと来てくれるかと勝手に期待してしまいました(^-^;


スタメンはこんな感じに見えた

前節からの変更は樹と久富がスタメン復帰

      松本

ホガン  有薗  深井

 藤山      山田

古田         樹

 久富      前山
      田中


試合開始は13:03

FC東京ボールでキックオフ


序盤はほぼ互角

互いにチャンスを作るも決めきれない

試合が動いたのは35分 左サイド奥から山田がロングスロー、エリア内でホガンが倒されPKの
ホイッスル

落ち着いて、田中が決めて先取点ゲット!!





左右のどちらに蹴るかと思いましたが、GK広末くんの逆をつき右でしたね


前半はこのまま、終了

後半はメンバー交代なく再開


後半は秋田がリズム良く攻めるが、FC東京がカウンター鋭い攻撃を仕掛ける

56分 古田からの縦パスに田中が抜け出して、シュートを打つもサイドネット

69分 自陣から田中がドリブルで持ち上がり

GK広末が前にポジションを取っていたのを見て、ミドルシュートを打つ

惜しくもバーを直撃して上に逸れる

80分過ぎ、秋田の前線の選手達の動きが良くなくなる

相手では前線のイ・ユンスやサイドの小川の動きが良い

何度もサイドからボールを入れられ、危ないシーンが続く

そして、87分 右CKを与えると中央へクロスを送られて失点

さらに、89分 左サイドからのクロスにユ・インスに決められてしまう・・・

ええええええぇ

90分+2分 藤山と深井がout 日高と乾in

90分+4分 ゴール前のクロスに樹が頭で合わせるも、スピードがなく広末にキャッチされる

結局、1:2で逆転負け・・・

今シーズンは先取点を上げた試合で負けた事はなかったが、今日は全くダメ・・ 

選手交代も遅かったと思う

試合を終えて、ゴル裏に挨拶する選手達に向かって、サポから厳しい声が出た

このままだと、勝利はおぼつかないぞ・・

まあ、慰めは首位の栃木が今節はお休みなので、明日、沼津が勝っても勝ち点差は首位と4のままという事

しかし、ここで下を向いている訳にはいかない

サポが下を向いていても良いことは何もない

首位を目指して、我々サポも頑張ろう

それが秋田の明るい未来に繋がることだと信じて

頑張ろう!! ブラウブリッツ秋田!!


今日の対戦相手のFC東京U23では小川やユ・インスはそのうちトップに上がれそうな感じですね
(やまみんとしては「早くトップに上がれ(ーー;)」)

敗戦後、憤懣やるかたないサポの前で控え選手達が練習

そのとき、池田強化部長がサポに向かって2度、お辞儀をする

選手達を守るかのようなその姿に感動を覚えた!!

さすが俺のイケ☆彡

 

なお、来週のギオンスへは参戦予定です 次節こそは勝利を!! 

頼むぞ!! 久富!!

行くぞ!! ブラウブリッツ秋田!!





2017年10月1日日曜日

勝ちきれなかった鹿児島戦

今週はJ3リーグの第25節鹿児島県立鴨池陸上競技場でユナイテッド鹿児島との対戦

鹿児島は先日、2018シーズンのJ2ライセンス交付決定を受けている

第24節時点で、秋田は3位、鹿児島は6位、両チームの勝ち点差は6

秋田としては首位に追いつくためにもここで勝ち点3が欲しいところ

鹿児島としてはJ2への昇格圏となる2位以内を目指すためにも勝ち点3が欲しいところ

この戦いをこの目で見たいということで、土曜日の朝の便で鹿児島へ向かう

鹿児島空港到着は12時頃

手配していたレンタカーでサポ仲間と一緒に鴨池に向かう

途中で昼飯を食べたりしたので、スタジアム近くの駐車場に入ったのは15時少し前

15時からの事前入場で横断幕を設置する



秋田からのサポは数人だが

選手のご家族や、関東近辺のサポさんなどで たくさんの横断幕が掲出された

松本拓也の横断幕は湘南サポさんが持って来たもの

有薗選手は鹿児島出身ということでたくさんの横断幕が掲げられました


 




 
こんなゲーフラや旗を持参で応援に加わっていただきました

横断幕を設置後、バス迎えへ向かうと鹿児島サポがバス迎えをしていました

人数は20名程と多くないようですが、旗が振られて躍動感があって素晴らしかった


秋田の選手を乗せたバスが到着し秋田サポも応援開始

Y氏制作のメッセージダンマクも掲出



メッセージの内容はこちら

 
「奇跡を起こしに来たんだろ!」 ここ2試合の不甲斐ない結果にサポから喝の声です

秋田の選手達が降りてくる間近でこんな幕を掲出する鹿児島サポ

「勝ち点3置いてけ!!」 鹿児島サポ 渾身のお・も・て・な・し

秋田サポからの「鹿児島ユナイテッド」のコールに対し「カゴシマ」コールしていましたね・・・

〇がないですね・・・好きな言葉を入れて下さい(笑)


チケットは当日券派のやまみん 鹿児島のチケットは厚い紙でしっかりとした作り

薄手の紙が多くなりましたが、チケットはやはりこうでなくちゃね (^_^)


さらに、入場時にプレゼントをいただきました


鹿児島の胸スポンサー「さつま島美人」の焼酎ミニボトル うれしいですね 

サポ仲間からは「秀よしでもお酒をプレゼントしてくれないかな?」という声が出た←愛してる秀よし

スタジアムはメインが改修中なので 観客はバックスタンドに 

応援のコアゾーンは鹿児島はゴル裏だが、秋田はバックスタンドとなっている


天候は快晴 ダンマク設置時は気温27度くらいと暑かったが

日が落ちると気温は下がり過ごしやすくなっています


スタメン発表 秋田はメンバーを変更してきました



久富が入っていない・・ 代わりに堺がスタメンです

配置はこんな感じに見えた 

        松本

ホガン    有薗    深井

 藤山         山田

古田            樹

    田中      前山
    
        堺
 
 
試合開始は18:03 秋田ボールでキックオフ
 
 
開始直後の2分 さっそく堺が見せ場を作る
 
ロングボールが前線へ DFを交わしてシュートを打つも 枠の上へ・・
 
惜しいぞ 堺!
 
その後は、鹿児島が優勢にゲームが進む
 
藤本や五領のスピードを押さえきれない
 
さらにセカンドボールをほとんど拾えない
 
苦しい時間帯が続くが なんとか、GKとDF陣の踏ん張りで得点を許さない
 
前半は0:0で終了
 
後半はメンバー交代なく再開
 
 
後半になると秋田が短いパスを繋いで、チャンスを作れるようになる
 
47分 古田から逆サイドの樹へ
 
角度のないところからフリーでシュートするも枠の右へ逸れる
 
しかし、これで流れが変わった
 
そして、待望の先取点は49分
 
中央の藤山から左の樹へ ダイレクトで合わせ、ゴールが決まる
 
樹がサポの目の前に駆けつけて、喜びを表す
 
 
遠くの鹿児島まで駆けつけたサポにとってはうれしさがハンパない
 
59分 堺out久富in
 
61分 古田のシュートはGKの正面でクリアされる
 
さらに63分 久富のオーバーヘッドシュートは枠の上
 
64分 完全に抜け出した田中が倒され 上本にイエロー
 
良いリズムで攻撃ができている 前半とは全く違った動きだ 
 
イイゾ!!
 
78分 樹out青島in
 
鹿児島の藤本がボールを欲しがり、中央より下の位置まで戻るようになる
 
このまま、勝ち切れたら良いな チラっと思う
 
でも秋田は時間稼ぎをしないぞ・・ 大丈夫か?と思っていたら
 
90分 波状攻撃をクリア仕切れず 藤本に同点ゴールをくらう
 
ぐあっあああああああ
 
アディショナルタイムは4分 諦めるのはまだ早い
 
90分+5分 青島が右からのクロスにフリーでシュートを打つもGKのクリアしCKになる
 
最後は左CKを前山がゴール前にクロスを入れるもGKがキャッチしてホイッスルが吹かれた
 
結局 1対1で 勝ち点1を分け合った
 
 
勝ちきれなかったが、前2試合に比べると動きが良かったのは収穫だ
 
有薗、前山、田中、久富といった九州出身者や鹿屋体育大学出身の藤山など
 
九州ゆかりの選手のがんばりもあったと思う
 
J2ライセンスを取した鹿児島とJ3ライセンスの秋田
 
最後はJ2ライセンスを持った鹿児島がゴールを決め意地の同点となったが見応えのある試合だったと思う
 
目の前の試合にライセンスは関係なかったと感じた
 
試合後、スタンドに向かって礼をする秋田の選手達にバックスタンドの観客からたくさんの拍手が・・
 
秋田の選手達へみごとな戦いだったと称える拍手だと感じた
 
 
試合を終えて、秋田サポに挨拶をする選手達に向けて、「次のホームは絶対勝てよ」と声がかかる
 

 
試合後のミーティングでも杉山監督から厳しい言葉がかけられたようだ
 
 
次は10月7日 ホームでFC東京U23との対戦 しっかりと勝ちきれるよう良い準備をして欲しい
 
第25節終了時の勝ち点は45で、順位は3位のまま
 
栃木が首位で勝ち点差は4となった
 
2位は沼津で勝ち点差は1
 
4位は富山で勝ち点40
 
今節の対戦相手の鹿児島は勝ち点39で5位となった
 
試合後、やまみんは「来年もまた、来ますね~」と鹿児島サポに声をかけながらスタジアムを後にしました
 
本当に強いチームは今日みたいな試合を同点に持ち込まれたりしないだろう
 
秋田はまだまだ強いチームではない
 
でも、今年の秋田は優勝の後ろ髪を引っ張って自分達の手にすることが夢ではない順位にいる
 
このチャンスを指をくわえてみすみす見逃してはならない
 
頑張れ!! ブラウブリッツ秋田!!
 
サポも全力を出して応援しよう!!
 
さてその後、サポ仲間と「かごっま屋台村」で反省会
 

 
 
湯豆腐やら
 

 
鳥刺しや
 
 
鳥のもも焼きやら
 
 
たくさんの美味しいものを食べたら、また、鹿児島に来たくなりました
 
来年の対戦が待ち遠しいですね (^_^)
 
PS. 今朝はホテルから直近の「維新ふるさと館」へ歩いて向かう
 
 
中には大河ドラマ「篤姫」のセットを模した部屋があり、宮崎あおいや堀北真希が着た衣装が展示されていました(赤い衣装は堀北真希さん着用とのこと)
 
 
来年の大河ドラマは「西郷どん」となるので、西郷さんの展示が多かったですね
 
 さらに、近辺には西郷隆盛の生誕の地や大久保利通銅像や大山巌、東郷平八郎誕生地などの施設があり 巡ってきました
 
西郷隆盛生誕の地
 
 
 
 
こちらは大久保利通の銅像
 
 
かの司馬遼太郎が「明治維新から日露戦争までを町内会でやってしまったような」と表現したが
 
まさしく、鹿児島は不思議な地でした
 
さらに、桜島の噴煙で火山灰が降る中
 
仙巌園(せんがんえん)島津家の別邸の名勝庭園や反射炉跡を見学してきました
 
 
 

 
こちらは仙巌園の石灯籠
 
 
反射炉跡
 
 
とても、半日では回りきれない名所旧跡がありますね
 
やっぱり、来年も鹿児島へ行きたいですね (^_^)