2017年3月21日火曜日

セレッソ大阪U23戦結果

この週末は連休を利用して、J3リーグ第2節に参戦してきました

土曜日の午後1:30に大仙市のサポ仲間と合流し、出発

当日は富山市へ宿泊

ホテル近くのローソンを訪ねたら なんと「カターレローソン」



店内にはタオマフやグッズがたくさん。ユニまでありました。

手軽にユニを買えるところが羨ましい!!

今年の監督は浮氣(うわきじゃないよ、うきだよ)哲郎さん



せっかくなので、やまみんが選んだお酒は
富山県限定 純米吟醸 満寿泉(カターレバージョン)」
      コチラ
       ↓




































 
スッキリとしてさわやかなお酒でした (^_^)
 
さて、日曜日は6:30にホテル出発
 
大阪到着は11時すこし過ぎた頃。初めての大阪で緊張したよ
 
なんとか地下駐車場に車を置いて、スタジアムへ向かう
 
試合はキンチョウスタで行われるが
 
通路をはさんで、ヤンマースタジアム(長い国際陸上競技場)がある
 
こちらがヤンマー
 
 
そして、キンチョウ
 
 
2つ並んだ配置は羨ましい限りだ
  
試合告知のポスターは柿谷くんです
 

下に小さくU23の試合日程も掲載されていました

 
こちらはセレッソカラーの自販機
 
 
当日券派のやまみん セレッソのチケットはエコモードで印刷もカラーできれいです

しかも 1,000円とリーズナブルです
 
 
スタジアムは球技場仕様でピッチが見やすいですね
 
 
 
照明はバック側に3本、メインに屋根一体型のものになります
 
お昼頃には秋田側のサポが続々と集まって来ました
 
いつもの秋田からの遠征組、関東サポのほか、群馬や広島などから駆けつけてくれた方
 
さらに、選手のご家族などです
 
今日の応援は久しぶりにバンデーラを使用しました←チト短い(;^ω^)
 
 
屋根に反響して、気持ちの良い応援ができます
 
やまみんもこの日のために、新しいゲーフラを作成
 
6番のユニを着ていたサポさんに掲出していただきました。ありがとうございます。
 
 
試合開始前 前列で人だかりが・・・
 
なんと、あの柿谷選手が登場!! 

「東日本大震災・熊本地震災害 被災地復興支援募金活動」で秋田側サイドに来てくれました

秋田サポも大喜びで募金に応じていました!! 
 
 
やまみんも募金して 「頑張ってください」と声をかけ ちゃっかりと握手もしてきました (^_^)
 
さて、試合開始は14:03
 
これに先立ち、秋田サポが「秋田節」チャントを披露!!
 
「おらが あきたは 美人のでどこ~♪♪ お米に~ お酒~ 秋田杉~♪♪」
 
「秋田の勝利をつかむため~♪♪ みんなで一緒にさぁ 叫べ~♪♪」
 
サッカー応援の概念を変える のどかなチャントに中央付近から拍手をいただきました (^_^)
 
いいですね~ 
 
肝心の試合のほうは
 

開始直後は完全にセレッソペース 速い展開になかなかついて行けない
 
しかし、10分を過ぎると徐々に秋田がボールを支配するようになる
 
前線の3人(田中、前山、久富)の動きが良い
 
すると、18分 古田が前線へ 中央で久富が胸トラップで前へ
 
田中がつなぎ、久富へスルー 久富が右足を振り抜き ゴール!!
 
なんと、韋駄天の久富が2戦連続ゴール!!
 
その後も、秋田が優勢でゲームが進む
 
25分の青島のシュートはGK正面
 
35分の藤山のシュートは枠をわずかに逸れる
 
前半はこのまま終了
 
後半になると、セレッソの選手達が修正してきて、なかなか攻撃ができなくなる
 
J1でも活躍している酒本(20番)が一列前に出たのが、効いていた
 
しかし、55分に古田が中央へボールを送ると田中と競り合ったGKがファンブル・・
 
藤山がこぼれ球をDFの股を抜いたシュートで2点目ゲット!!
 
三重から駆けつけた藤山家ご一行様が大喜び

秋田のユニを着て下さっていました
 
 
さらに、60分 久富からのボールを前山が左に持ち込み
 
2列目から走り込んだ青島へ 青島はコースを選んでゴール右へ流し込む
 
綺麗なゴールでした
 
その後、78分に岸本に1点を返される
 
このシーン、DF陣の間に上手く入られましたね
 
もったいない失点だと思う (-_-)
 
最後は、コーナーエリアでボール保持して時間稼ぎ・・
 
終わってみれば、3:1の余裕の完勝劇でした
 
 
試合後、車で移動中

「藤山君良かったね~」と話題にしてたまさにその時
 
横の車から手を振ってくれる人がいます

「?」
 
さらに8番のユニを窓から見えるように出して猛アピール

「!」
 
藤山家関連ご一行様の車でした(^-^)

こちらも笑顔でぶんぶん手を振り返しました
 
嬉しかったです。サポに優しいですね~
 
日曜日は、滋賀草津市に宿泊
 
ホテル近くの焼き鳥・串カツ屋で祝杯をあげる ビールが美味い!!
 
 
月曜日はちょっとだけ 観光
 
滋賀県の国宝「彦根城」を訪ねる
(2012年9月の佐川印刷戦以来)
 
 
コンパクトだけど綺麗なお城です
 
でも、お目当てはコチラ
          ↓
 
      「ひこにゃん」 です
 
 
なんとも ゆる~いショーです 動画はコチラhttps://youtu.be/5W2u4--QUiQ
            ↓
 
ひこにゃんも見たので、あとは帰るだけです
 
11:00 彦根IC
 
12:00 尼御前で昼食
 
14:30 有磯海で休憩
 
19:00 酒田の花鳥風月で酒田ラーメンを食べて 自宅到着は21:30
 
楽しい、3連休でした
 
来週の第3節はBB秋田の試合が無い
 
せっかく、好調なのにもったいないな
 
4月2日のグルージャ盛岡とのホーム開幕戦が待ち遠しい

ホーム開幕戦ではたくさんの声援をお願いいたします
 
頑張れ ブラウブリッツ秋田!!
 
 
 
 
 
 
 

2017年3月13日月曜日

ミクニワールドスタジアム

待ちに待った2017シーズンJ3の開幕 (^_^)

ブラウブリッツ秋田の初戦の相手はギラヴァンツ北九州

昨年まではJ2だったが、降格して今シーズンからJ3仲間となったチーム

しかも、今節がグランドオープンとなるミクニワールドスタジアムで行われるとあって出かけて来ました
(※:杮(こけら)落としと思っていたら2017年2月18日のラグビーのチャリティーマッチが行われていたようです)

出発は土曜日の11:50に秋田空港からANAで向かう

空港内で保安検査待ちしていると、ブラウブリッツ後援会の方々と遭遇する

署名活動お疲れ様でしたと思わず最敬礼

サポ仲間の顔もありホッとする

秋田からの便は第2ターミナルに到着

乗り継ぎの便は第1ターミナルから出ると案内で聞くもよくわからず

田舎者のやまみん、どうしようとウロウロしていると

先ほどの後援会様一行を発見、しめしめ

こっそりと後ろについて歩く


バスに乗って移動する 無事、第1ターミナルに到着

もう一度保安検査場を通過して、北九州行きの飛行機にたどり着く

後援会様ご一行を尾行できたお蔭でなんか、添乗員さんのいる旅行みたい 

こんな楽な旅は初めてだぞ (^_^)

ありがとうございました

北九州空港には16時前に到着

空港は海上にあり、長い連絡橋で九州の大地と繋がっていました



19時、小倉駅前で仲間と待ち合わせ



駅内にはミクニワールドスタジアムの横断幕が掲示されていました

仲間と合流し、ようやく小倉の街に繰り出す


何軒ものお店で予約のない団体は無理と断られながら、お店を探していたが
10人が座れるお店をようやく発見

やっと乾杯に漕ぎつけたのは19:30過ぎだった


 明日の試合の展望や今年の戦力に関する話題で大いに盛り上がる

ビールを飲みながら『ガンガソ行こうぜ!杉山ブラウ』のボードを作成してくれたみむをさん、ヤナさんお疲れ様でした

猛者たちは二次会へと繰り出す

やまみんは土曜日のうちにホテルに到着して、すぐにバタンと熟睡・・・



さて、日曜日はホテルを9:30頃に出発する

500mほど歩いて、スタジアムにたどり着く

途中、黄色い自販機がたくさん並んでいた 良く見たらギラヴァンツの事務所前でした



事務所はスタジアムのグランドオープンとあって、さすがに無人のようでした

スタジアムへは10時前に到着 

外観は格好いいスタジアムですね


スタジアムに入る前に、お目当てのチケットを手に入れるべく、大勢の人の列に加わって並ぶ


ようやく手に入れたチケットがこれ


スタジアムのグランドオープン記念チケット!!

当日の対戦相手紹介付きのプレミアムチケットだぞ!!
(やまみんの入場用のアウェイチケットは事前にローソンで購入しています)

とりあえず、記念のグッズと一緒にしまっておこうっと・・

スタジアムは工業団地内の一角にあり、バックスタンドの後ろは直ぐに海

サイドライン際で大きくクリアしたボールは海まで飛んでいきそうだ

 
ほんと、スタジアムの後ろに船が舫ってあるのにはビックリ←池(海)ポチャ対策?

さて、スタジアムの中はこんな感じ

メインは2階建て(2層式)で角度がある座席配置


ゴル裏も2階建て(2層式)


バックスタンドは屋根なし(将来2万人収容のために改築も視野にあるらしい)
 

ゴル裏から ピッチが間近にあるので、大旗は禁止とのこと・・・

ミクニワールドスタジアム設計者はサポーターの気持ちが全然わかっていないね (-_-)

観客席はJ1規格をカバーする15,066人収容のスタンドだ

奇しくもスタジアム署名で17万もの署名を集めて、J2、1規格のスタジアムを渇望している秋田が

こんな、立派なスタジアムのグランドオープンで開幕戦を戦うことができる・・

そして、この場に自分もいる幸せともう一つの複雑な思いを噛みしめる・・

電光掲示板はビジター側のコーナーに LEDの綺麗な画面でした


2階席も角度があるので見やすい構造です


ホーム側ゴル裏もびっしりと人で埋まっていました


昨年の11月から今年の2月までブラウブリッツ秋田後援会が行った署名活動

その数は17万5千筆を超えました

ミクニワールドスタジアムも当初の構想段階からは10年近くの歳月を要したとか

秋田もJ1規格のスタジアム整備を目指すべきだと思う

できれば、10年もの長い時間をかけることなく、5年以内での整備を検討してもらいたい

それが、署名に応じてくれた人々への恩返し

地域経済の活性化に結びつく事業だと思います

近い将来、秋田にもこんな立派なスタジアムができることを心から願っています

さて、ダンマクの掲出は12時30分過ぎ ここで、一悶着ありました

2階の手すりから一度は広げて掲出するも、係の人から指摘があり

高さ120センチに納まるように指示を受ける

やむなく、文字の上下をたたんで掲出することに・・

こちらがその画像 「大いなる秋田」の文字は上半分しか見えない

でも、秋田のゴル裏にとってはこれが心のよりどころ 掲出することが大事なのだ

こんなサポーターに優しくないスタジアムはゴメンだヨ

設計者にはサポーターの意見も取り入れて欲しいものです


コンコースを歩いていると一角で北九州市が「敵に塩を送る」キャンペーンを行っていました

塩にはちょっとうるさいやまみんとしては手に入れない訳には参りません

「塩」をもらって、「しょっぱい試合」にならなければいいなぁと思いつつ、いただいて来ました

こちらがいただいた「関門の塩」 きれいな海塩ですね

さらに、世界遺産の鉄鋼の八幡製鉄にちなんだボルト&ナット型のチョコ



 チョコを組み立てるとこんな感じなりました


アウェイゾーンには、いつものサポ仲間のほか、選手のご家族、友人などたくさんの人達が集まりました

たぶん、200人以上いたと思います

さて、試合開始は14:03

相手チームには前線に高さのある小松塁がいて、ガクぶる(;´・ω・)

守備の要としては山形から加入した山岸がマウスを守る


秋田ボールでキックオフ

序盤は秋田が北九州を圧倒する

 
2分 前山がミドルシュートを果敢に打つも力なく山岸にキャッチされる

6分 コーナーからの攻撃のこぼれ球を田中がシュートするも山岸がキャッチ

22分 中盤で前山がボールを奪い、田中がシュートも山岸にブロックされる

良い流れでゲームが進んでいたが

30分 DFのクリアミスから高い位置でボールを奪われ、右からのシュートに中央で合わせられて失点

スタジアム全体が1万人以上の歓声に包まれる
(なんとこの試合の観客数はJ3リーグの最多観客数となる14,935人でした)

しかし、秋田の選手達は気を落とすことなく、しっかりと攻撃を組み立てる

42分 左CKからファーで有薗がヘディングで合わせるも、山岸にクリアされる

44分 ゴール前の混戦から、青島から中央の山田へ

山田から再び青島へスルー 青島がシュート

ゴールに向かってボールに山岸の目の前で久富が足を延ばして角度を変える

2017年初ゴールは11番久富賢でした (^o^)

これで、秋田のゴル裏も大騒ぎ

後半は勝ち越せと応援するも

北九州も大勢の観客の声援を受けて、攻勢に出てくる

危ない場面を何度も小澤の好セーブで凌ぐ

小澤はパンチングが上手ですねぇ

最大のピンチは81分 エリア右から小松に鋭いシュートを浴びる

しかし、わずかに枠の上に逸れる

秋田のチャンスはアディショナルタイムの90+2分

田中が落としたボールに久富が抜け出し

フリーでシュートする 決まったと思ったが、山岸がキャッチ

山岸でなかったら、決まっていたと思う ぬぬぬぬギシめぇぇぇぇ

そして、試合終了の笛が鳴り響く

前半の序盤に得点していたら、楽に勝てたと思う

選手達も引き分けには満足していないだろう

次のセレッソ大阪U23との試合では、勝ち点3を期待したい

連休なので、やまみんもママと一緒に参戦予定です

頑張れ!! ブラウブリッツ秋田!!

帰りは、スタジアムから歩いて駐車場へ移動

駐車場から1kmほどの直ぐの小倉北ICから高速利用で空港へ

北九州空港へは17時ちょうどに到着

飛行機は秋田への戻りも後援会様とご一緒でした

ホント、添乗員付きの応援ツアーみたいでした

ありがたや ありがたや

こんな楽ちんな応援ツアーなら、参加者がいっぱいになると思うぞ

自宅到着は23時少し前

ほんの少し前までは九州の地にいたのに、信じられないような早さです

飛行機って便利だなぁ(^-^)

2017シーズンもサポーター生活を細々と続けますので、よろしくお願いします m(_ _)m













2017年2月26日日曜日

最後の街頭署名活動!!

今週末は秋田市での街頭署名活動に参加する

土日とも、秋田駅西口の大屋根下で実施

土曜日は太平山が綺麗に見えるように、天気に恵まれた


日が射しているので、思ったより寒さは気にならなかった


日曜日の今日は特別な想いで参加した

最後の街頭での署名活動だ

12月23日のクリスマスセールで賑わうイオン秋田から署名活動に参加し始めた

それまではサボっていました、申し訳ありません<m(__)m>

その後、正月の三吉神社での署名、イオン秋田中央店(旧秋田サティ)

大仙市のイオン大曲店、横手市のイオン横手店、秋田駅ぽぽろーど、土崎のセリオンなど

様々な場所での署名活動に参加しました

寒くて凍えそうな日もあったけど

署名に応じてくれた人から発せられた

「頑張ってください」 の一声が勇気を与えてくれました

一緒に街頭に立った仲間が背中を押してくれました

そして、今日は最後の街頭署名活動

今日の秋田駅西口大屋根下には、なんと10数名の方々が参加してくれました

後援会の人達、ボランティアスタッフ、クラブ関係者、サポ仲間と

こんなにたくさんの人が集まって来たのには初めてです。感激です!!

三浦サリーちゃんのブラウブリッツ秋田応援ソング

♪広がる~ ブルースカイ~♪ をバックに

事務局の外山さんがスピーカーでブラウブリッツの現状を切々と語り

↑いよっ!外山節!名調子!

そして、みんなで心を合わせてやる署名活動

個人で頑張って集めた署名用紙を持って来てくれるサポ仲間が何人もいた

これだよ、これ!!

こんな署名活動にしたかったんだ

最後に夢←妄想とも言うけど・・が叶った(^_^)

 

今日の署名活動では、声をかけずとも手を伸ばして署名してくれた人もたくさんいました

署名の数も10万人を超えて、県内での署名活動も浸透してきたと思います

なんとコンサドーレ札幌のユニを着た人もいました

彼は昨日の仙台VS札幌の応援に来たようで、快く署名に応じていただきました

凄いね! サッカーファミリーのすばらしさ、温かさを感じました

署名活動が終了したのは15時

ここまで、署名活動に東奔西走して頑張っていただいた

後援会会長の小畑さんと事務局の外山さんへ

感謝を込めてささやかながら花束を贈呈いたしました

ブラウブリッツにちなんで青い花とリボンをポイントにした花束です

そして、「オバタ! オバタ!」 コールをさせていただきました

この署名活動で起きたムーブメントを必ずスタジアム建設に結びつけて下さい

よろしくお願いします (^_^)

「2500円の花束で100億のスタジアムをおねだりするなんて欲が深い」

なんて言わないでくださいね(^-^;

最初、「ブラウブリッツ秋田後援会」が署名の目標を10万筆と発表した時

「なんで、10万なの? そんなの絶対無理だよ!」

と思った人がほとんどだったと思います

それが、今日までに13万筆を超える数が集まり

最終的にはもっとたくさんの署名が集まるようです

秋田の経済界に影響のある人達が加わった後援会が出来た事が

「スタジアム整備」の大きなうねりとなった大きな一因だと思う


署名は今月末の2月28日で終了しますが

スタジアム整備(建設)に到達するまでは容易な道のりではないと思います

J2規格以上のスタジアムが整備されるまで、できることに全力を尽くすことが

署名に応じてくれた人達への責任だと思います・・

そして、チーム、フロントもこの署名に応えて欲しい

スタジアム整備まで 頑張ろう!!


さて、4月2日はホームゲームの開幕です

 

PS.
 
「BLUE+AKITA」の一員として、サポーターとして少しでも力になれるなら・・と

やまみん家でお預かりした署名はなんと、なんと、1,300筆を超えました (^_^)

と言ってもやまみん家が頑張った訳ではなのです

やまみん家の周囲の方がたの頑張りのお蔭なのです

「長野のMご夫妻は南長野スタジアムの署名で1650集めたから、

やまみんさんとこは2000集めて下さい」

とサポ仲間にハッパをかけて貰ったのが本腰の始まり

そして、やまみん家の周囲の方が次々と否応もなく巻き込まれていくぅぅ

240名の署名を集めてくれた松ヶ枝さんをはじめ

感謝の一言ではすませることができないくらい

たくさんの方々にお世話になりました

「みなさん 本当に、ありがとうございます」 m(_ _)m